効果的なペニス増大方法を研究してみた!

効果的なペニス増大法

ペニス増大のために、マッサージを行ったり、サプリメントの接種をしている人もいます。
また、手術によってペニス増大する人もいますが、どの方法が一番効果的で安全なのでしょうか?安全性と効果を見たときに、一番副作用や後遺症が置きにくいのはサプリメントだと言えます。
効果の実感には個人差がありますので、ひとりひとりに合ったサプリメントを見つける努力がいるでしょう。
また、薬ではないのですぐに効果が現れるわけではなりません。
サプリメント単体だけでなく、マッサージも一緒に行うことで、よりペニスの血液循環が良くなり、海綿体に血液が流れ込みやすくなることによって、ペニス増大につながります。
手術の方が効果的だと考える人もいると思いますが、いつでも期待通りの結果になるとは限りません。
また、メスを入れるために手術跡が残ります。
包皮が短くなることによって、勃起した時に痛くなる場合もあります。
こういった後遺症が起きた場合、追加で手術を行うことで解決することもありますが、それまでペニスに刺激を与えることはNGとされるため、生活面で不自由さを感じるでしょう。
このようなわけで、手術よりもサプリメントの方が安全性が高く、効果が出やすいのです。

 

ペニス増大研究家のロデオさんのサイトが参考になります。

ペニスマッサージの効果について

マッサージをしてどれだけペニスが増大するかに関しては、個人差があります。
また、いきなり大きくなるということもないでしょう。
ペニスの構造について説明しますと、内部はスポンジのようにたくさん隙間が空いている状態です。
この、スポンジのような組織を海綿体といいます。
この海綿体に細かく張り巡らされた多くの毛細血管に急激に血液が流入することによって、勃起が起きるのです。
ですからペニスを大きくしたいと思ったら、この流れてくる血液の量を増やせば良いのです。
マッサージを行えば血流が良くなりますから、ペニスのマッサージは理にかなっていると言えるでしょう。
とは言っても、すぐに結果が出るのではなく、じっくりと鍛えていくような形になります。
ペニスは肉体の一部なので、少しずつ変化していく形になります。
あまりに強い圧を使ったり、激しいマッサージをすると、毛細血管が傷ついてしまい、かえって逆効果になるでしょう。
ですから、連続してマッサージを行うのではなく、休む時間も大切です。
そして、サプリメントを同時に摂取することで、海綿体の血流がさらに良くなるでしょう。
急激な変化は望めませんが、大体半年もすれば、ペニス増大を実感できることが多いはずです。